交通事故の示談の慰謝料相場について

交通事故は常にいきなり起こります。巻き込まれるのも御免ですが、もっと御免なのは自分から事故を起こしてしまった場合です。事故は相手方だけではなく、自分の家族や職場にも影響を与えてしまいます。一瞬の不注意が事故を起こす、とは言いますが、人間は頭が良いので動物の様に緊張状態を維持し続けるのが難しく、どこかでふと気が緩んでしまいます。ですが、そんなことを言い訳にはできないのが交通事故です。自分の過失であるとはいえ、職を失ったり家族に迷惑をかけるのは避けたいところですね。そんな時によく使われるのが示談金です。しかし、その内訳を知っていないととんでもない額を請求されてしまうかもしれません。決して事故を起こして良いわけではないですが、万が一に備えて知識を蓄えておきましょう。

示談と慰謝料の違いは何か?交渉方法は?

示談と言うのは、争いが起きた場合に警察介入や法的手続きをなどの表ざたを避けて、相互の話し合いの内で問題解決することを言います。一般的に交通事故を起こした場合、ほぼ9割が示談で解決されるといわれています。さて、その示談金ですが、イコール慰謝料、と思っている方もいると思います。しかし、実は示談金と慰謝料は違うものなのです。慰謝料とは被害者の精神的苦痛に対する補償金のことです。ここには治療費や休業損害などの、被害者の生活にかかわるお金は含まれていません。なので、示談金と言うのは「慰謝料+損害賠償」の金額となります。損害賠償には治療費のほかに、仕事を休まなくてはいけなくなった場合の給与への損害、もし相手が死亡したり後遺症が残った場合にはその後に得られるはずだった給与への損害も含まれます。交渉の際には、どの内訳がいくらになるのかをお互いに明示して進めていきましょう。後のトラブルを避ける手立てにもなります。

示談金の相場は慰謝料によって決まる?

示談金は被害者が受けた損害によって異なるので相場がありません。しかし、慰謝料には相場があります。精神的苦痛は被害者の意識によっていくらでも上乗せできるため、ある程度の基準を定めているのです。示談の場合でも基本的に相場は変わりません。慰謝料には入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つがあります。入通院慰謝料は、被害者の通院が長いと想定されると大きくなります。むち打ちだけでも20万近く、重症化すると350万円近くになります。後遺障害慰謝料は等級によって金額が異なります。一番軽い14級でも32万円、1級になると1100万円程度になります。死亡慰謝料は1500万円ぐらいが相場になります。もちろん、一家の稼ぎ頭が亡くなった場合は2000万円程度になる場合もあります。また、示談の場合は被害者が弁護士を雇うと金額が引き上げられる可能性があります。弁護士を雇うかどうかも含めて、被害者と誠実な話し合いを持ちましょう。